パーマではげるって本当?その原因と対策について詳しく解説

パーマをかける女性

こんにちは、スーパースカルプ発毛センター新宿南口店です!薄毛でお悩みの方やAGA治療をお考えの方に向けて、発毛・育毛に関するお役立ち情報をお届けしていきたいと思います 。

そこで今回は、パーマをかけると頭皮や毛髪はどのようなダメージを受けているのか、また、その対策や改善策について紹介していきます。

パーマをよくかける方の中で、最近髪の毛のボリュームがなくなったり、だんだん地肌が透けて見えるようになった方はいませんか?

パーマをかけるとはげる?

髪の毛を気にする男性

おしゃれのためや、また髪の毛のクセがひどく、パーマをかけている方も多いかと思います。

そんな皆さんの中には、最近はげてきたな、と感じている方もいるのではないでしょうか?

ここでは、パーマが頭皮や髪の毛にどのような影響を及ぼしているのか見ていきましょう。

パーマの仕組み

パーマ液には通常1剤・2剤があり、この液体を順番に塗布することで、化学反応を起こしてパーマをかけているのですが、この1剤が頭皮や髪の毛にダメージを与えるといわれています。

パーマをかけるときに感じるにおいは、1剤に含まれるアンモニア系のアルカリ成分からきています。このアルカリ成分が髪の毛のたんぱく質に作用することでウェーブやストレートにしています。

パーマの与えるダメージ

パーマは髪の毛の内部のたんぱく質を分解する作用があり、髪の毛を細くさせます。これによって髪の毛のハリ・コシ等が失われ、切れ毛も多くなります。

また、パーマをかける際には、頭皮につかないようにしても必ず頭皮についてしまっています。
頭皮につくことで毛穴の中にまでパーマ液は浸透します。

浸透したパーマ液により、毛穴や毛根が炎症を起こすこともあり、炎症が起きることでヘアサイクルが乱れ、抜け毛が増え、はげる原因となるのです。

改善策やケア方法はある?

パーマ女性

パーマが頭皮や髪の毛にダメージを与え、はげる原因となっているということを説明いたしました。

では、すでにはげてきていたり、髪の毛が細くなってきていたらどうすればよいのでしょうか?

ここではその改善策やケア方法について見ていきましょう。

パーマでダメージを感じたら

もしすでに髪の毛の変化を感じていたら、パーマは2度とかけないことをおすすめいたします。

パーマをかけるとひりひりした感覚になることもあるかと思いますが、このひりひりこそが髪の毛を痛めつけている原因です。

そして、一度痛んだ髪の毛の内部は回復することはありません。

髪の毛は死んでいる細胞

髪の毛自体は死んだ細胞でできています。
ほかにも、歯や爪も死んだ細胞からできています。

皮膚や骨、筋肉など、生きている細胞であれば自己修復力があるため、傷ついたり、痛んだりしても回復します。

そのため、死んだ細胞からできているものにはケアが必要となるのです。

ケア方法は?

髪の毛の内部が傷んでしまった場合でも、外側からの補修をすることで綺麗に見せることは可能です。

ただ、ここで注意しなくてはならないのが、トリートメントなどで補修する際の頭皮・毛穴への浸透です。

トリートメントには髪の毛を綺麗に見せるための油分が含まれています。
これが頭皮に浸透してしまうと皮脂詰まりを起こし、はげる原因となります。

髪の毛に優しいパーマはある?

パーマをかける女性

パーマでダメージを受けてしまったときの改善法や、ケア方法についてお話しましたが、そもそも髪の毛に優しいパーマや、はげるリスクが低いパーマはあるのでしょうか?

ここでは、パーマの種類や、またダメージを抑えたパーマについてご紹介していきます。

パーマの種類

パーマの種類にはいくつかあります。
パーマ・水パーマ・クリーブパーマ・コラーゲンパーマ・エアウェーブ・デジタルパーマ・低温デジタルパーマ など

このようにパーマにはたくさんの種類があるのですが、これらを大きくホットパーマとコールドパーマの2つに分けています。

ホットパーマとコールドパーマの違いは、パーマ剤を塗布したあとに熱処理を加えるか加えないかという点です。

ホットパーマは、パーマ剤を散布した後に熱処理を加えることでより強いパーマを当てることができますがその分ダメージも大きくなります。
対してコールドパーマは熱を加えないため与えるダメージは少なくなります。

ダメージの少ないパーマ

最近では、毛髪へのダメージを抑えたパーマがあります。
パーマのもちや、かかり方は優しくなりますが、ダメージは軽減されます。

①クリープパーマ:従来のパーマと比べ、少ない量のパーマ剤でパーマをかけることができる。熱を与えるのではなく、加湿させ低温で蒸すような状態にするパーマ。
②エアウェーブ:空気の力を使ってパーマをかけるので、ダメージを抑えることができる。

頭皮への浸透を抑えるためにも、毛先のみパーマをかけることをおすすめいたします。

ストレートにするための縮毛矯正の場合は、伸びてきた部分にパーマ剤を散布することになるため、頭皮へのダメージを抑えることは難しくなります。
ストレートパーマは繰り返さず、ヘアアイロンなどで対応することをおすすめいたします。

薄毛や頭皮のダメージを感じたら

ということで、今回はパーマと薄毛の関係性や、その改善方法について解説いたしました。

従来のパーマに比べ、ダメージを軽減させることができるパーマのご紹介もしました。とはいえ、ダメージがないわけではないので、薄毛が気になりだしたらパーマはかけないようにしましょう。

すでに薄毛や頭皮トラブルでお悩みの方は、一度AGAサロンにてご相談されることをおすすめいたします。

スーパースカルプ新宿南口店では、薄毛・抜け毛のお悩みについてのご相談をお受けしております。

初めてお越しいただくお客様へ向けて、お試し発毛コースもございます。
初回限定価格6,000円(税別)にて、スーパースカルプ発毛療法(マイクロスコープによる頭皮チェック・頭皮マッサージ等)を体験していただけます。

まずはお気軽にご相談ください。

WEB予約・お問合せ

パーマが頭皮や髪の毛にダメージを与え、はげる原因となっているということを説明いたしました。