タバコを吸うとハゲる?喫煙による抜け毛・薄毛の原因を解説!

大量のタバコ

こんにちは、スーパースカルプ発毛センター新宿南口店です!

抜け毛や薄毛でお悩みの方やAGA治療をお考えの方に向けて、発毛・育毛に関するお役立ち情報をお届けしてまいりたいと思います。

「タバコを吸うとハゲる」ということを一度は、聞いたことがあるのではないでしょうか?

そこで今回は、「タバコと抜け毛・薄毛との関係」について学んでいきましょう。

タバコが髪に与える影響や、タバコによる抜け毛や薄毛の原因についても合わせて説明していきます。

薄毛・抜け毛には必ず原因があります!薄毛や抜け毛でお悩みの方は、是非ご覧ください。

タバコがハゲるって本当?髪に与える影響とは

タバコは、仕事での一息や上司や部下とのコミュニケーションツールの1つとして、喫煙されている方も多いかと思います。

しかし、タバコを吸うことにより髪の成長に必要な栄養や酸素が十分に行き渡らず、抜け毛や薄毛の原因となる恐れがあります。

ここでは「タバコがハゲるって本当?」という疑問をお持ちの方に、タバコが髪に与える影響について見ていきましょう。

タバコに多く含まれる「ニコチン」によって血流が悪くなる

タバコに多く含まれる「ニコチン」は、私達の健康や生命にリスクを与えるだけでなく、髪にも大きな悪影響を及ぼします。

ニコチンには、血管を収縮させ血行を悪くする作用があり、血行が悪くなると必要な栄養や酸素の運搬が滞り、健康な髪を作る毛母細胞の活動を妨げることになります。

また、ニコチンの影響で収縮した血管は、頭皮や毛母細胞などに十分な量の栄養や酸素を届けられなくなるのです。

その結果、本来生成されるはずの毛髪が育たず、抜け毛が増えて薄毛に繋がると言えるでしょう。

タバコの煙に含まれる「一酸化炭素」によって酸素濃度が低下する

タバコの煙に含まれる「一酸化炭素」についても、髪に大きな悪影響を及ぼすことがわかっています。

一酸化炭素もニコチンと同様、血管を収縮させて血行を悪くする原因となるのです。

酸素は血液中の「ヘモグロビン」と結合しますが、一酸化炭素が肺の中に入ると「ヘモグロビン」との結合を邪魔し、肝心な酸素が入り込む隙を与えません。

酸素の運搬が妨げられた体は、酸素不足に陥り頭皮や毛母細胞などの酸素濃度が低下して、抜け毛や薄毛になる恐れがあると言えるでしょう。

タバコによって抜け毛や薄毛になる5つの原因

タバコに含まれる「ニコチン」や「一酸化炭素」などの有害物質により、髪の成長に必要な栄養や酸素が十分に行き渡らず、抜け毛や薄毛に悪影響を及ぼすということを説明しました。

では、実際にどのようなことが原因で抜け毛や薄毛になるのでしょうか?

ここでは、タバコを吸うことによって抜け毛や薄毛になる5つの原因について見ていきましょう。

タバコによってハゲる原因①:ニコチンによる血行不良

先程も説明しましたが、喫煙により体内の血管が収縮し血行不良に陥りやすくなります。

主にタバコに含まれるニコチンの影響が大きくニコチンを体内に取り込むことで、頭皮や毛母細胞などの一つ一つに必要な「栄養」「酸素」が行き届かなくなり、栄養分不足の状態が抜け毛や薄毛を進行させる原因となります。

タバコによってハゲる原因②:ニコチンによるビタミン不足

ビタミンは、健康的な頭皮環境を整えて維持する重要な役割を持っています。

しかし、喫煙することによって体内にある大量のビタミンが消費され、抜け毛や薄毛の原因となります。

ビタミンCが不足することで、正しく栄養を吸収できなくなったり、ビタミンEが不足すると免疫力が低下したり、毛髪の生成に必要となる栄養や酸素の循環が疎かになるのです。

さらにビタミン不足による免疫力低下により、健康的な頭皮環境を維持できなくなるでしょう。

タバコによってハゲる原因③:男性ホルモンが増加

喫煙は、健康的な頭皮環境を維持する女性ホルモンの働きを弱め、男性ホルモンを刺激し増加させる働きがあります。

増加した男性ホルモンと「5αリダクターゼ」という人間が本来持っている酵素と結び付くことで、抜け毛や薄毛の原因となる悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)が作られます。

悪玉男性ホルモンと呼ばれるジヒドロテストステロンは、AGA発症の大きな原因とされており、抜け毛や薄毛を進行させる恐れがあるでしょう。

タバコによってハゲる原因④:LDL(悪玉)コレステロールが増加

喫煙するとLDL(悪玉)コレステロールという体内の血流を悪化させる物質が増加します。

LDL(悪玉)コレステロールが増加すれば、血管自体を劣化させ毛細血管が詰まってしまい、髪の成長に必要な栄養分の供給を止める原因となります。

タバコを吸う量が多ければ、その分LDL(悪玉)コレステロールを増加するため、健康的な頭皮環境の維持が難しくなると言えるでしょう。

タバコによってハゲる原因⑤:禁煙によるストレス増加

タバコを吸っている人が急に禁煙した場合、必ず起きるのがイライラによるストレス増加です。

タバコに含まれるニコチンには依存症があるため、タバコを禁煙することにより吸いたいという衝動とその衝動を収めるための我慢によるストレスが増大しやすくなります。

逆に禁煙によるストレスの原因となり、抜け毛や薄毛を進行させる可能性も考えられるでしょう。

そのため自力では禁煙に成功しずらく、しばらく経つと再び喫煙し始める方も少なくありません。

タバコを吸いながらでもハゲを治すことができる?

タバコを吸いながらでも抜け毛や薄毛の治療を行う場合、タバコによって消費されてしまう「栄養分」を多く補給することや、「お薬」などでより強い発毛力を与える必要があります。

しかし、栄養分を十分に補給することやお薬による処方は、効果に限度があり副作用も生じる恐れがあります。

もし、抜け毛や薄毛に悩んでいる方で喫煙している場合、髪とタバコのどちらが大事なのかを天秤にかけて判断することも重要となるでしょう。

しかし、「やっぱりタバコも捨てがたい。。」という方は、専門家に相談し、タバコ以外の薄毛要因を徹底的に改善したり、施術の頻度を多くしたりするなど自身に合った方法で「抜け毛・薄毛治療」に取り組んでいきましょう。

喫煙者の方で抜け毛・薄毛が気になる方はご相談ください!

タバコは、私たちの健康や生命をも驚かす病気のリスクを高める危険性があり、髪や頭皮の健康にとっても決して好ましいものではありません。

禁煙に成功すれば、抜け毛や薄毛の危険性も一段と下がるため、「タバコと抜け毛・薄毛との関係」を正しく理解し、最もストレスのない方法で禁煙に努めることをお勧めします。

「ストレスを最小限に抑えて抜け毛・薄毛を治したい!」という方は、スーパースカルプ新宿南口店にて、ご相談をお受けしております。

抜け毛・薄毛対策のプロ発毛技能士が、カウンセリングを通して栄養面や生活習慣についてのアドバイスも行っており、脱毛のスイッチをオフにする1回60分の「頭皮初回改善発毛コース初回体験」 が¥6,000(税別)で体験していただけます。

病院のAGA治療で効果が得られなかった方、また薄毛のリバウンドでお悩みの方も、まずはお気軽にご相談下さい。

WEB予約・お問合せ