毛根が白いのは危険なサイン?抜け毛チェックのポイントもご紹介

洗面台に散らばる抜け毛

こんにちは、スーパースカルプ発毛センター新宿南口店です!薄毛にお悩みをお持ちの方に向けて、発毛・育毛に関するお役立ち情報をお届けしてまいりたいと思います。

ということで今回は、抜け毛について詳しく解説していきたいと思います。

抜け毛の毛根が白い場合に気を付けるべきポイントや、抜け毛チェックのポイントもご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください!

抜け毛のセルフチェックの重要性

掌の上の抜け毛

抜け毛をじっくり観察されたことはありますか?
「起床時やシャンプー時の抜け毛の量なら確認している。」という方は、結構いらっしゃるかもしれませんね。


しかし、抜け毛の量をチェックするだけではわからないこともあるんです。

実は抜け毛は、「今の自分の頭髪や頭皮の状態が、1本1本に表れている」といっても過言ではないほど、重要な情報源なのです。

抜け毛の毛根が白い!これって異常?

「抜け毛をじっくりチェックしたら、毛根部分が白かった・・・」
「毛根に白いものが付着しているけど、これって異常?」

そんな不安を感じられたことはありませんか?

実は抜け毛には、自然脱毛によるものと異常脱毛によるものがあります。
抜け毛の毛根が白い場合はどちらなのか、気になりますよね?

ということでここからは、正常な抜け毛と異常な抜け毛の見分け方について、ご説明いたします。

正常な抜け毛(自然脱毛)の特徴

白衣姿の男性のOKサイン

まずは正常な抜け毛(自然脱毛)のケースから見ていきましょう。

以下の場合は、たとえ毛根が白くなっていたとしても、心配は要りません。


毛根が白く、わずかに膨らんでいる

実は、毛根が白くなっている抜け毛自体には何の異常もありません。むしろ、途中で抜け落ちずに最後まで成長しきった証とも言えるのです。

健康な毛髪にも寿命があります。寿命を迎えた毛髪は、毛根からメラニン色素を吸収しなくなるため、黒く色付かず、白や半透明に見えるのです。

また健康な毛根のサインとして、毛の中間や毛先に比べわずかに丸みを帯びて膨らんでいるという特徴があります。

ですので、毛根が白くなっていて、丸み・膨らみが見られる抜け毛を見つけた場合は、「寿命を迎えるまで、しっかり成長してくれた」と受け取りましょう。

白い膜のような物質が付着している

髪の毛の根元に、白い(または半透明)膜のような物質が付いているのを見たことはありませんか?これは、毛根鞘(もうこんしょう)と呼ばれる組織です。

毛根鞘は、「毛根の鞘(さや)」と書きますが、その名の通り毛根を鞘のように覆っているのです。

毛根鞘の役割は、毛髪と頭皮の接着です。この毛根鞘は、健康な毛根には必ず存在するものですので、問題はありません。


上記が、正常な抜け毛(自然脱毛)になります。

とはいえ、抜け毛・脱毛は様々な要因が絡み合って起こるものです。あくまで異常脱毛ではないというだけで、薄毛の心配が不要というわけではありません。

よって、抜け毛や頭皮のチェックは日頃から行なっておきましょう。

危険な抜け毛(異常脱毛)の特徴

白衣姿の男性のNOサイン

続いて、危険な抜け毛(異常脱毛)について見ていきましょう。

以下の場合は、頭皮環境や、栄養状態に問題があると考えられます。


毛根が黒く、膨らみがない

先述の通り、正常な毛根には丸い膨らみがあります。その丸い膨らみがない場合は、毛髪が弱くなっているというサインです。

また黒い毛根は、寿命を全うできずに成長段階で抜け落ちた毛です。成長段階の抜け毛が増えると、薄毛はどんどん進行していってしまいます。

毛根の形がいびつ

毛根が尖っていたり、ギザギザやよじれが見られる場合は、進行性の脱毛症の可能性があります。 原因としては、ストレスやホルモンバランスの乱れが考えられます。

中でも円形脱毛症や、女性によく見られるびまん性脱毛症に多い特徴です。

脱毛症の場合セルフケアだけでは追い付かないことが多いため、専門家による早期治療を受けることをおすすめします。

毛根から細いひげの様なものが生えている

毛根の先から、さらに細いひげの様な毛が生えている場合も、要注意です。

この細いひげの様な毛は、新しく生えてきている髪が頭皮にしっかりと根付けずに、抜け落ちてしまったサインです。

要因としては、栄養不足や血行不良等によるヘアサイクルの乱れが考えられます。血行不良は頭皮マッサージ等で改善しますので、発毛サロンやクリニックを訪れてみるのも良いでしょう。

毛根に白い塊やべたつきがある

正常脱毛に見られる白い膜(毛根鞘)は問題ありませんが、皮脂汚れが白い塊となって付着している場合は、毛穴に皮脂が詰まっている状態と考えられます。皮脂汚れの場合、白い部分にべたつきがあるはずなので、目視だけでなく指で触って確認しましょう。

過剰な皮脂分泌は、必要な皮脂まで取り除いてしまうことで起こります。 とくに界面活性剤を含むシャンプーは、頭皮に必要な皮脂まで落とし過ぎてしまいます。
そのため頭皮のべたつきが気になる方こそ、界面活性剤を含まないシャンプーの使用がおすすめです。

抜け毛の正しいチェック方法

ヘアブラシとくし

抜け毛チェックの重要性をおわかりいただけたでしょうか。最後に、正しい抜け毛チェックのための3つのポイントについて、ご説明します。

  • 自然に抜け落ちた髪で行う
  • 白紙の上に置いてみる
  • ルーペや虫眼鏡を使う

1つ目の「自然に抜け落ちた髪で行う」は、必ずお守りください。意図的に毛髪を抜くという行為は、毛穴を傷つけたり、毛母細胞を破壊したりといったリスクに繋がります。

髪の毛は毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで育ちます。この毛母細胞が破壊されると、新しい髪が生えてこなくなってしまいます。そのため、髪を引っ張って抜くのは絶対にやめましょう。

また、白い紙の上に抜け毛を置き、ルーペや虫眼鏡などで拡大して見ると、より細かく正確にチェックできます。

ご自身でのチェックが難しい方や、チェックしたところ気になることが見つかったという方は、一度専門家に診てもらうのが良いでしょう。

異常脱毛が心配な方へ

スーパースカルプ新宿南口店では、抜け毛のお悩みに関するご相談もお受けしております。
薄毛対策のプロ発毛技能士が、カウンセリングを通し、頭皮環境や栄養状態についてアドバイスします。


また、初めてお越しいただくお客様に向けて、お試し発毛体験コースもございます。
特別価格6,000円(税別)にて、薄毛の進行度合いのチェックに加え、スーパースカルプ発毛療法(マイクロスコープ診断・頭皮マッサージ等)も実際に体験していただけます。

ヘッドスパ感覚でお気軽にご来店くださいませ。

WEB予約・お問合せ