スーパースカルプ新宿南口店 スーパースカルプ発毛センター新宿南口店

営業時間:10:00~22:00(最終受付 20:00) 定休日:日曜・祝日(※要相談)

円形脱毛症はストレスが原因?その種類や対策についてご紹介

 

こんにちは、スーパースカルプ発毛センター新宿南口店です!

薄毛でお悩みの方やAGA治療をお考えの方に向けて、発毛・育毛に関するお役立ち情報をお届けしています。

円形脱毛症とは、その名の通り円形に髪の毛が抜けてしまう症状のことを言います。

実は円形脱毛症において、その原因は未だに解明されておらずストレスが主な原因ではないかと言われてきました。

しかし、近年ではストレス以外の原因もいくつか挙げられています。

今回は、ストレスを含むいくつかの原因や、円形脱毛症の種類、対策についてご紹介します。

現在、自分は円形脱毛症かな?と悩まれている方はぜひ参考にしてください。

円形脱毛症の原因

最初にお伝えしましたが、円形脱毛症の原因は未だ解明されていません。

よく耳にしてきた原因はストレスですが、近年、ストレスは円形脱毛症のきっかけに過ぎないと言われています。

では、現在は何が原因とされているのでしょうか?

ここでは、円形脱毛症の原因と考えられる5つをご紹介していきます。

自己免疫疾患

自己免疫疾患とは、外から入ってきたウイルスや細菌を攻撃することで私たちの体を守ってくれている免疫機能系に異常が生じることで、本来持っている体の一部分を異物とみなして攻撃してしまう病気です。

円形脱毛症は、自己免疫疾患により毛根を異物と間違えて攻撃してしまうため発症すると考えられていて、その攻撃により毛根が傷み、元気な髪の毛が突然抜け落ちてしまいます。

現在ではこの自己免疫疾患が円形脱毛症の原因として最も有力だと言われています。

しかし、自己免疫疾患は何が原因で起きてしまうのか明らかになっていません。

原因として考えられているのは、ストレスや感染症とのことなのでストレスを溜め込まないことや、感染症になるリスクを下げるためにも健康な生活を心がけることが大切です。

精神的ストレス

ストレスは円形脱毛症だけでなく、AGAやその他の脱毛症の原因にもなります。

人間の体は精神的ストレスを受けると交感神経が動き、ストレスと戦う準備をしますが、日頃から強いストレスを感じていたり、そのストレスが長く続いてしまうと交感神経に異常をきたします。

交感神経に異常をきたすことにより、自律神経が乱れると無意識のうちに血行が悪くなったり、睡眠不足や消化不良などを引き起こします。

髪の毛は血液から栄養を受け取り成長するため、自律神経が乱れることにより毛根にしっかり栄養が行き渡らなくなると、抜け毛や髪の毛が細くなるなどのトラブルが起こります。

とはいえ、ストレスは知らず知らずのうちに溜め込んでしまうこともあります。

夜寝る前の30分はアロマを炊いてみたり、リラックスできる音楽を聞くなどして、日頃からストレス対策をするのがおすすめです。

アトピー素因

アトピー素因とは、本人またはその家族が、喘息やアレルギー性鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎などアレルギー性の病気を持っていることや、アレルギーと関係のある免疫物質「IgE抗体」を作りやすい体質を持っていることを言います。

そのため、アトピー素因を持つということは、アトピー性皮膚炎に限ったことではなく、アレルギーを起こしやすい体質と捉えると良いでしょう。

そのようなアトピー素因と円形脱毛症は密接な関係にあります。

円形脱毛症患者の40%以上がアトピー素因を持つと言われており、その大半が本人、もしくは家族にアトピー素因が認められています。

中でも特に多いといわれるのがアトピーや喘息を合併している例です。

このようなアトピー合併の円形脱毛症の場合には、抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬などの内服薬を処方されることもあります。

遺伝

そもそも円形脱毛症の原因は解明されていないため、遺伝が必ずしも起こると断言はできないのが現状です。

しかし、円形脱毛症はそのまま遺伝することはなくとも、遺伝的素因(遺伝しやすい体質)を持つと言われています。

円形脱毛症を発症した方が家族のいる場合、他の家族が発症する確率は30%ほどであると言われています。

双子の場合を比較した検査では、一卵性双生児の場合、両方が円形脱毛症を発症させる可能性が高く、二卵性双生児の場合は、片方のみが発症という症例報告があります。

とはいえ、必ずしも円形脱毛症が遺伝するという科学的根拠はないため、遺伝という点については、あまり深刻に考えないほうがよいのではないでしょうか。

出産後脱毛症

子供を生んだ後に見られる脱毛症は、「出産後脱毛症」あるいは「分娩後脱毛症」と呼ばれます。

妊娠中の女性ホルモン値は通常の100倍以上に増加しているのですが、それが出産と同時に通常値に戻ります。

女性ホルモンには発毛促進の作用があるため、一気に減少することにより抜け毛に繋がるのです。

その症状は、全体的に薄くなるものから生え際だけ薄くなるものなど、様々なものがあります。

このとき、アトピー素因を持っている場合や、強いストレスなどを受けると円形脱毛症になることがあるといわれています。

円形脱毛症に限らず、産後の育児による忙しさやストレスでの脱毛対策として、食事や生活習慣など気を付ける事が大切です。

円形脱毛症の種類

円形脱毛症の原因について考えられるものはストレスだけではないということ、また、現在でも原因は解明されてないということをおわかりいただけたでしょうか。

続いて、円形脱毛症の種類について解説していきます。

円形脱毛症はよく言われる10円ハゲの状態のものから、楕円形に脱毛が起こるものや同時に複数の箇所で脱毛が起こるものなど、いくつかの種類に分けられています。

単発型

単発型とは、頭髪に円形、もしくは楕円形の脱毛が起こる、円形脱毛症の中で最も多く見られるタイプです。

また、頭だけでなく眉毛や体毛に起こる場合もあります。

発症年齢は幅広く、男女関係なく発症する可能性があります。

こちらの単発型は円毛脱毛症の中でも軽症にあたる脱毛症に分類され、患者の80%の方が1年以内に治るといわれています。

しかし、単発型の治療中にストレスなどで多発型に移行する場合があるため、注意が必要です。

多発型

多発型とは、円形脱毛が2つ以上発生するタイプのことをいいます。

単発型から多発型に移行するパターンや、脱毛している箇所が結合し大きくなってしまう場合もあります。これを多発融合型といいます。

多発型の場合、適切な治療を行っていても、その治療期間は半年~2年ほどかかるといわれています。

蛇行型

蛇行型とは、脱毛箇所が細長く広がっていくタイプの円形脱毛症です。

多発型の一種ともいわれています。

後頭部から側頭部の生え際付近に蛇のように広がることが多く、子供によく見られる円形脱毛症です。

治療期間は複数年に渡ると言われており、原因は解明されていません。

前頭型

全頭型とは、脱毛箇所が頭全体に広がり、最終的にはすべての毛髪が脱毛してしまう症状のことをいいます。

この症状は、完全に治ることは非常に難しいとされており、治療期間においてもかなりの長期に渡る場合がほとんどです。

初期段階では多発型と同様にいくつかの円形脱毛が見られますが、徐々に脱毛箇所が広がっていくのが特徴で、重度の円形脱毛症に分類されます。

そのため、治療とともにウィッグやかつらなどを使用して上手く付き合っていく工夫が必要です。

汎発(ばんぱつ)型

汎発型とは、頭のみならず、眉毛、まつ毛、体毛など全身の毛が抜けてしまう症状のことをいいます。

円形脱毛症の中で最も重度のタイプとされています。

全頭型と同じく、非常に治療が困難で、長い年月、もしくは一生付き合っていく可能性もあります。

発症には、単発型から順に多発型、全頭型と変化していく場合もあれば、突然汎発型を発症するケースもあるとされています。

また、人目が気になりストレスが増加することにより重症化することも考えられます。

症状が軽いからといって油断せずにしっかり対策をすることが大切です。

円形脱毛症の予防と対策方法

円形脱毛症といっても、その種類には様々なものがあり、中には重症化してしまうケースがあるということを解説いたしました。

では、実際に円形脱毛症になってしまった場合や、予防をするにはどうしたらよいのでしょうか。

ここでは、予防や対策方法についてお伝えいたします。

生活習慣を見直す

ここまで円形脱毛症の原因は解明されていないことをお伝えしてきましたが、最も有力なのは自己免疫疾患ストレスです。

日々の生活の中で、夜ふかしや、仕事などによるストレス、対人関係など、原因となるきっかけには様々なものがあります。

まず第一に、睡眠は欠かせません。

朝日を浴びることにより、夜にメラトニンと呼ばれる睡眠ホルモンが分泌されます。

夜寝る直前のスマホやテレビ、食事などは避け、質の良い睡眠を取るように心がけましょう。

また、ストレスを上手く解消することも大切です。

リラックスできる音楽を聴いたり、アロマを楽しんだり、ハーブティーなどで気持ちを落ち着かせるなど、自分にあったストレス解消方法を見つけましょう。

食事の改善

毛髪は血液から栄養を受け取り成長しているのですが、血液は食べたものや飲んだもので作られています。

毛髪のために必要な3大栄養素は、「ビタミン」「亜鉛」「タンパク質」です。

また、現代人には不足しがちなオメガ3などの良質な油を摂取することで細胞の活性化を促します。

細胞が活性化することで健康で丈夫な毛髪を生やす近道となります。

食事は薄毛のみならず、健康維持においても大切なポイントです。

コンビニ食品やファストフード、揚げ物や甘いものなどは控え、体によい食事を心がけましょう。

医療機関などを受診する

円形脱毛症は、軽度のものから重度のものまでその症状は様々です。

単発型であれば時間とともに治るケースがほとんどなので、過度に心配する必要はありません。

しかし、症状が悪化する場合には注意が必要です。

早めのケアが大切となるため、お近くの皮膚科に受診しましょう。

頭皮や髪の毛の悩みにお困りの方は

今回は円形脱毛症についてご紹介しました。

円形脱毛症には様々な種類がありますが、原因は未だに解明されていないことなどから、予防のためにも日々対策を取るのが重要です。

当店では、施術の他に食事指導や生活習慣指導なども行っています。

新宿近辺にお住まいの方や、通勤で新宿駅を利用している方で、薄毛に悩んでいる方ににオススメなのが「スーパースカルプ新宿南口店」です。

初めてお越しいただくお客様へ向けて、お試し発毛コースもございます。
初回限定価格6,000円(税別)にて、スーパースカルプ発毛療法(マイクロスコープによる頭皮チェック・頭皮マッサージ等)を体験していただけます。

円形脱毛症などAGA以外のご相談や、頭皮トラブルのご相談も可能です。

まずはお気軽にご相談ください。

スーパースカルプ発毛センター新宿南口店

  • 〒160-0022
  • 東京都新宿区新宿2-4-2 カーサ御苑701
  • TEL.03-5341-4787
  • FAX.03-5341-4797
  • 営業時間:10:00~22:00(最終受付 20:00)
  • 定休日:日曜・祝日(※要相談)

その他ご質問・ご相談がございましたら、
お気軽にお問合せフォームよりご相談下さい。

WEB予約
お問い合わせ

営業時間:10:00~22:00(最終受付 20:00)
定休日:日曜・祝日(※要相談)

03-5341-4787090-8810-4787

※施術中は電話をお受けできない場合がある事をご了承下さい。

WEB予約
お問い合わせ

WEB
予約