頭皮の日焼けは薄毛の原因になる?今すぐ始められる対策をご紹介

日焼け

こんにちは、スーパースカルプ発毛センター新宿南口店です!

薄毛でお悩みの方やAGA治療をお考えの方に向けて、発毛・育毛に関するお役立ち情報をお届けしています。

髪の毛や頭皮は毎日様々なものからダメージを受けていますが、強い日差しによる日焼けも頭皮にダメージを与え薄毛の原因になってしまうと言われています。

今回は、なぜ頭皮の日焼けが薄毛の原因になってしまうのか、日焼けと薄毛の関係を詳しく解説していきたいと思います。

日差しによる頭皮の日焼け対策は意外と忘れがちです。簡単にできる対策方法も合わせてご紹介しますので、ぜひご覧ください。

頭皮の日焼けは薄毛の原因になる?

近年の夏は毎年猛暑続きで、ちょっとの外出もためらってしまうほどですよね。そんな猛暑の中では頭皮が日差しにより受けるダメージも少なくありません。

肌の日焼け対策をしている方は多いかもしれませんが、 頭皮の日焼け対策もしておかないと頭皮や髪の毛に深刻なダメージを与えてしまいます。

「日焼け」と言うとそれほど大したことも無いように感じてしまいますが、日焼けは肌の軽い炎症・やけど状態のことを言い、しっかりとした対策が必要です。

ちょっとの日差しなら問題ありませんが、夏場の強い日差しによる日焼けは頭皮に与える影響も大きく薄毛の原因になってしまうことがあります。

紫外線によるダメージに注意!

肌の日焼けと同じように、頭皮や髪の毛にダメージを与えているのも日差しに含まれる紫外線です。

肌が紫外線を浴びすぎると肌の老化が起こってしまい、シワやたるみの原因になってしまいます。

肌の老化の80%は紫外線によるものと言われているほど紫外線の影響が強く、肌を健康に保つためには紫外線対策が必須です。

髪の毛がしっかりと成長するためには頭皮が健康である必要があるため、 紫外線を浴びすぎると抜け毛や薄毛の原因になってしまうのです。

特に頭皮の場合は「毛母細胞」という髪の毛を成長させてくれる細胞が存在しており、紫外線はこの毛母細胞にも深刻なダメージを及ぼします。

髪の毛自体へのダメージも

頭皮へのダメージも深刻ですが、今生えている髪の毛へのダメージも決して少なくありません。

髪の毛も頭皮と同様に老化が進んでしまい、髪の毛のツヤを奪い枝毛の原因になってしまいます。

そのため、今薄毛に悩んでいる方だけでなく、まだまだ若く髪の毛に自信のある方も日焼け対策を怠ってはいけません。

加えて、髪の毛の色素であるメラニンは紫外線によって分解されてしまうため、色落ち・白毛の原因になることもあります。

頭皮は特に日焼けしやすい

また、頭皮は身体の中で最も日焼けしやすい場所 でもあります。

考えてみれば当たり前のことですが、頭皮は身体の中で1番高い場所にあり露出していることが多いので無防備になりやすく、気がつかないうちに日焼けしてしまうことも多いのです。

「帽子を被ると蒸れて薄毛に繋がりそう」という先入観もあり、日差し対策を怠ってしまいやすいのも日焼けしやすい要因の一つです。

実際は帽子による蒸れも確かに薄毛に繋がる可能性がありますが、薄毛・抜け毛防止のためは猛暑による日焼けを優先的に対策すべきでしょう。

頭皮の日焼けの対策方法は?

では、どうしたら頭皮の日焼けを防止することができるのでしょうか。

簡単に実践できる効果的な対策方法をいくつかご紹介します。

日焼け対策法①帽子を被る

帽子を被るのは誰でも思いつくシンプルな方法ですが、頭皮を直射日光から守ってくれるためその効果は絶大です。

先程ご紹介したように、帽子は被ると頭皮が蒸れて薄毛に繋がる可能性は確かにあります。

これは、蒸れて湿度が上がると雑菌が繁殖しやすく、雑菌が繁殖すると頭皮の環境が悪化し発毛に悪影響が出るためです。

しかし、雑菌もすぐに繁殖するということは無く、長時間その状態のままで放置しない限り問題ありません。

それよりも日焼けのほうが短時間で頭皮にダメージを与えやすいので、なるべく 帽子を被ることをおすすめします。

日焼け対策法②日焼け止めを使う

日焼け止めと言えばクリームタイプのものが一般的ですが、最近はスプレータイプでベタつかない 頭皮専用の日焼け止め も販売されています。

普通のクリームタイプの日焼け止めを頭皮に塗っても日焼け止めとしての効果は発揮しますが、毛穴に詰まったりして頭皮の環境を悪化させ逆に薄毛に繋がる可能性があるのでおすすめできません。

簡単かつ確実に頭皮を守れるという点では帽子の方が良いですが、蒸れが気になったり帽子が使えない場面では日焼け止めを使ってみるのも良いでしょう。

日焼けしてしまった後の対処法は?

もし日焼け対策ができずに日焼けをしてしまったときは、そのままにしておかずにすぐ対処することで頭皮へのダメージを最小限に抑えることができます。

最後に、日焼け後の正しい対処法をご紹介します。

対処法①とにかく冷やす

最初にご紹介したように、日焼けは肌の軽い炎症・やけど状態のことです。

そのため、やけどをした時の対処法と同様に、すぐに冷やしてあげると効果があります。

ただ他の部位と違い直接水につけるのも大変なので、濡れたタオルを被るなどすると冷やしやすいでしょう。

対処法②ビタミンを多く含む食事を取る

「日焼け後のケアで食事?」と思われるかもしれませんが、日焼けの後には食事の内容に気をつけると頭皮が受けたダメージの回復が早くなります。

日焼けをして頭皮がダメージを受けるということは、皮膚が酸化してしまっているということでもあります。

そのため、この酸化を防止・回復できるような栄養素を取ることで日焼けによって受けたダメージの回復が期待できるのです。

酸化を防止する栄養素として有名なのはビタミンAビタミンCです。フルーツに豊富に含まれているため、いつもの食事にフルーツを追加してみると良いでしょう。

日光の当たらなさすぎにも注意

ここまで日差しが頭皮に及ぼす悪影響についてご紹介してきましたが、日光は育毛にとって悪影響しかないわけではありません。

頭皮に悪影響があるのはあくまでも日焼けをしてしまうような猛暑・強い日差しの時だけです。

日光は体内時計の調整ビタミンDの生成に必要だったりと、私たちが健康的に生きる上で必要不可欠な存在です。

そして、健康的な生活は薄毛・抜け毛防止や育毛に繋がってきます。

日差しが強くない時には、適度な日光浴を心がけると良いかもしれません。

頭皮の日焼け防止まとめ

日焼けは頭皮に深刻なダメージを与え、抜け毛・薄毛に繋がってしまいます。 これは、日差しに含まれる紫外線が肌の細胞に悪影響を及ぼすのが原因です。

そのため、抜け毛・薄毛防止のためには防止や頭皮専用の日焼け止めでしっかりと日焼け対策をすることが大切です。

しかし、全く日光に当たらないのもそれはそれで健康によくありません。適度に日光を浴び、健康的な生活を送ることが薄毛対策の第一歩です。

スーパースカルプ新宿南口店では、薄毛にお悩みの方のご相談をお受けしております。

また、初回限定でカウンセリングや頭皮洗浄、マイクロスコープ診断などが体験できるスーパースカルプ発毛療法を6000円(税別)でお試しいただくことも可能です。

薄毛・抜け毛でお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

スーパースカルプ発毛センター新宿南口店

  • 〒160-0022
  • 東京都新宿区新宿2-4-2 カーサ御苑701
  • TEL.03-5341-4787
  • FAX.03-5341-4797
  • 営業時間:10:00~22:00(最終受付 20:00)
  • 定休日:年中無休
  • ※GWやお盆など大型休暇時の対応はお知らせで告知いたします