スマホやパソコンでハゲる!その原因や対策について詳しく解説

こんにちは、スーパースカルプ発毛センター新宿南口店です!

薄毛でお悩みの方やAGA治療をお考えの方に向けて、発毛・育毛に関するお役立ち情報をお届けしています。

今回は、スマホやパソコンでハゲる!ということで、 スマホやパソコンと薄毛の関係 について解説していきたいと思います。

スマホやパソコンが薄毛にどのような影響を与えているのか?その原因や対策についても詳しく説明していきますので、ぜひご覧ください!

スマホやパソコンでハゲる!髪に与える影響とは

スマホやパソコンは現代社会では切り離せない存在となっていますね。

夜遅くまでスマホを見ていたり、仕事でずっとパソコンと向き合っていたり、寝る前まで何かしらの画面を見ている方がほとんどではないでしょうか?

しかし、スマホやパソコンの見すぎはハゲる原因となる可能性があることをご存知でしょうか?

ここでは スマホやパソコンが与える髪への影響 について見ていきましょう。

「眼精疲労」によって血流が悪くなる

眼精疲労という症状をご存知でしょうか?

眼精疲労とは、視作業(眼を使う仕事)を続けることにより、眼痛や眼のかすみ、充血などの目の症状のことを言います。

さらに症状が悪化していくと、頭痛・肩こり・吐き気などの全身症状が起こることもあり、休息や睡眠をとっても十分に回復することが難しくなります。

このような眼の疲れや全身疲労は、全身の筋肉を硬直させ、血行不良を引き起こします。

髪は、頭皮の毛細血管から栄養や酸素を毛母細胞で受け取り成長しているため、血行不良が起きることで本来必要な髪への栄養や酸素が供給できなくなります。

「眼精疲労」によって栄養が消費される

眼精疲労が起きたとき、人間の身体は眼精疲労を解消するために、体内の「ビタミンB」「L-システイン」という成分を多く消費しています。

この2つの成分は、身体の疲れを解消させる働きがあるのですが、髪の成分であるケラチンタンパク質を生成するためにも重要とされています。

しかし髪の毛に栄養が行き渡るのは、身体への栄養が行き渡ったあとになるため、眼精疲労を回復するために使われてしまうと、頭皮まで十分な栄養が届かなくなってしまいます。

「ストレートネック」によって血流が悪くなる

「眼精疲労が起きる=血行不良」と説明いたしましたが、スマホやパソコンの見すぎは、眼精疲労のみならず、ストレートネックを引き起こす可能性があります。

ストレートネックとは、頭が身体よりも前に出てしまう、頚椎(首の骨)がまっすぐになってしまった状態のことをいい、別名スマホ首とも呼ばれています。

ストレートネックになってしまうと、頭を首の筋肉だけで支えることになるため、 首コリ・肩コリが慢性的なものとなります。

さらに症状が悪化していくと、首の神経が痛み、 頭痛・偏頭痛・手足のしびれ・めまいなどを引き起こすこともあります。

頭皮に張り巡らされている血管は首や顔の血管へ繋がっており、血液は心臓から送られているため、首や肩がこることで血行不良を引き起こすと、頭皮に十分な栄養が届けられなくなります。

スマホやパソコンでハゲる5つの原因

スマホやパソコンの見すぎで起こる 血行不良や栄養不足によって、髪に必要な栄養や酸素を供給できなくなるということご説明いたしました。

では、薄毛になってしまう原因はどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、スマホやパソコンによってハゲる5つの原因について見ていきましょう。

スマホやパソコンでハゲる原因①:血行不良

先ほども説明いたしましたが、眼精疲労やストレートネックによる眼・肩・首コリからくる症状は全身の血流を滞らせ、血行不良を招きます。

髪の成長には全身の血流が大きく関わっており、髪は血液から栄養酸素を受け取り、毛母細胞によって髪を生成しています。

そのため、血行不良が起きると髪に必要な栄養と酸素が十分に行き渡らなくなり、抜け毛や薄毛の原因となってしまうといえます。

スマホやパソコンでハゲる原因②:栄養不足

こちらも先ほども説明いたしましたが、眼精疲労が起きてしまうことによって、体内の「ビタミンB」「L-システイン」という成分が通常よりも多く消費されています。

「ビタミンB」と「L-システイン」という2つの成分は疲労回復やスタミナ保持などに使われますが、この2つの成分は髪の主成分である、ケラチンタンパク質の生成にも必要不可欠な成分です。

そのため、身体の疲労回復に多くを使われてしまうと、髪を生成するための栄養が足りなくなり、薄毛に繋がると言えるでしょう。

スマホやパソコンでハゲる原因③:睡眠不足

スマホやパソコンのブルーライトの影響についてはご存知でしょうか。

ブルーライトは睡眠ホルモンである「メラトニン」に影響し、メラトニンを生成している松果体に刺激を与えてしまうため、眠気を抑制し、活動が高まってしまいます。

その結果、 体内時計のリズムが崩れ十分な睡眠が取れなくなり、生活習慣が乱れる恐れがあります。

人間の身体は睡眠の間に様々なダメージを修復しており、成長ホルモンが最も多く分泌されるのは22時~深夜2時までの4時間とされているため、その時間に睡眠がとれないことも、抜け毛や薄毛の原因になってしまう恐れがあります。

スマホやパソコンでハゲる原因④:ストレス増加

抜け毛や薄毛の原因には、ストレスも多く関わっています。

スマホやパソコンの見すぎで身体に不調を起こすことや、栄養が足りなくなったり、睡眠不足になったりすることは、全て疲労感や精神的ストレスに繋がります。

実際にストレスとして感じていなかったとしても、ひとつひとつの小さなストレスが蓄積されることで、気づいたときには大きなストレスとなっていることもあり得るのです。

ストレスを感じることで 血行不良や睡眠不足、食欲不振になることもあり、そのような状態は全て薄毛と密接な関係にあるため注意が必要です。

スマホやパソコンでハゲる原因⑤:ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスは、睡眠不足やストレス増加、疲れによって乱れてしまいます。

スマホやパソコンの見すぎによりホルモンバランスが乱れると、自律神経などにも影響を及ぼすため、正常なヘアサイクルを乱してしまう恐れがあります。

それにより抜け毛が止まらなくなったり、髪が新たに生えるまでに時間がかかったりと、ホルモンバランスの乱れは薄毛の原因となってしまうと言えます。

スマホやパソコンでハゲないためには

スマホやパソコンでハゲないためには、先ほどご説明した「スマホやパソコンでハゲる5つの原因」に対して対策をとるしかありません。

仕事などで常にパソコンと向き合っている場合などは、 1時間に1度、30秒だけ目を閉じたりすることも眼精疲労に対して有効です。

失われてしまう栄養素を十分摂ることや、出来る対策をしっかりとることが薄毛にならないために重要です。

以下、いくつか対策をご紹介いたします。

スマホやパソコンでハゲないためにできること
・夜寝る直前までスマホやパソコンをいじらない
・適度に目を休ませる時間を作る
・ブルーライトカットの眼鏡を使用する
・たまに遠くのものを見る(固まった目のピントを調節する)
・目の周りや、首・肩のマッサージをする
・栄養をしっかり摂る etc…

すでに眼精疲労やストレートネックなど、自分では対処できない症状に悩まされている場合には、眼科や整体などに行くことをオススメいたします。

頭皮や髪の毛の悩みにお困りの方は

ということで、今回はスマホやパソコンでハゲる!ということについて解説いたしました。

いつも何気なく使っているスマホやパソコンで薄毛になってしまう危険性がたくさんあるということを知っていただけたでしょうか?

スマホの見すぎは薄毛になってしまう原因でもありますが、健康面への影響も問題となっています。

スマホやパソコンを使用する際は、適度に休憩を挟みながら、健康面への対策もしっかりとることをオススメいたします。

新宿近辺にお住まいの方や、通勤で新宿駅を利用している方で、薄毛に悩んでいる方ににオススメなのが「スーパースカルプ新宿南口店」です。

スーパースカルプ新宿南口店では、薄毛の改善のために必要な食事や生活習慣についても指導しています。

初めてお越しいただくお客様へ向けて、お試し発毛コースもございます。
初回限定価格6,000円(税別)にて、スーパースカルプ発毛療法(マイクロスコープによる頭皮チェック・頭皮マッサージ等)を体験していただけます。

まずはお気軽にご相談ください。

スーパースカルプ発毛センター新宿南口店

  • 〒160-0022
  • 東京都新宿区新宿2-4-2 カーサ御苑701
  • TEL.03-5341-4787
  • FAX.03-5341-4797
  • 営業時間:10:00~22:00(最終受付 20:00)
  • 定休日:年中無休
  • ※GWやお盆など大型休暇時の対応はお知らせで告知いたします