女性も要注意なM字ハゲ―原因や予防法、改善策についても解説

女性の生え際

こんにちは、スーパースカルプ発毛センター新宿南口店です!薄毛にお悩みをお持ちの方に向けて、発毛・育毛に関するお役立ち情報を発信していきたいと思います。

ということで今回は、女性のM字ハゲについてお届けいたします。
M字ハゲは男性特有のお悩みと考えられがちですが、実は近年M字ハゲに悩む女性が増えてきているんです。

M字ハゲの原因や予防法、改善策についても詳しくご説明いたしますので、是非ご覧下さい!

女性もM字ハゲ(M字脱毛)になるの?

髪の毛をかき上げる女性

ではさっそく、女性のM字ハゲの実態からご説明したいと思います。M字ハゲのメカニズムについても学んでいきましょう。

M字ハゲ(M字脱毛)とは?

M字ハゲ(M字脱毛)とは、おでこの生え際(前髪の部分)に起こる薄毛の症状です。おでこ上部の左右、いわゆる剃り込み部分が薄くなることで、正面から見ると生え際がアルファベッドのMの形に見えることから、そう名付けられました。

冒頭でも述べましたが、一般的には男性の薄毛の悩みとして知られていますが、最近はM字ハゲに悩む女性の方も増えてきています。

しかし男性の場合と女性の場合で、症状の原因は少し異なっているんです。

よって対策のためには、女性のM字ハゲの実態について知っておく必要があります。

M字ハゲが起こる仕組み

そもそもM字ハゲは、AGA(男性型脱毛症)の症状の1つです。下記をご覧下さい。AGAが起こる仕組みを図解しました。

AGAの仕組みの図

AGAは、悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)が、髪の成長を妨げることで発症します。

本来髪の毛は、毛根の一部である毛乳頭が細胞分裂を繰り返すことで成長するのですが、ジヒドロテストステロンがこの細胞分裂を妨害してしまうことで、髪が正常に育たなくなるのです。その結果、細く弱々しい毛となり、抜けやすくなってしまうため、薄毛の症状が起こるというわけです。

AGAは進行性ですので、AGAの一種であるM字ハゲも、対策をせずに放っておくと、どんどん進行していきます。

女性のM字ハゲの実態

女性の生え際

さて、AGAは男性ホルモンの作用が原因だとがわかりましたが、問題は男性特有のAGAの症状がなぜ女性にも表れてしまうのか?という点ですよね。

女性における男性型脱毛症は、男性のAGAと区別するため、FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれています。このFAGAが発生する流れについて、解説いたします。

FAGA(女性男性型脱毛症)はなぜ起こる?

実は男性ホルモンは、女性の体内にも存在しているのです。そして、女性が持つ男性ホルモンも男性の場合と同様に、ジヒドロテストステロン(DHT)を生成し、毛髪の成長を妨害します。これにより、AGAの症状が発生してしまうというわけなのです。

女性ホルモンが正常に働いている場合は問題ないのですが、加齢やホルモンバランスの崩れによって女性ホルモンが減少すると、相対的に男性ホルモンの影響が強くなってしまいます。
女性ホルモンの分泌が急激に減ってくる更年期(主に40代後半から50代後半)に、薄毛が気になり始める方が多いのも、こういった要因があります。

しかし実は近年、20代から30代の間でも、薄毛や生え際に悩む女性が急増しているんです。

若い女性も急増!薄毛・生え際の悩み

「前髪がスカスカになってきた」「生え際が後退してきた」
そんなお悩みを持つ女性が増えてきている背景には、以下の要因があります。

・ダイエット、食事制限による栄養不足
・仕事やプライベートのストレス
・不規則な生活、睡眠不足

どれも、年齢関係なく起こり得る要因ですよね。
健康な髪の毛を作るためには、栄養バランスの良い食事が最も重要です。3食しっかり摂っていたとしても、好き嫌いをしたり同じ物ばかり食べていたりと、偏食傾向にある方は要注意です。
また、ストレスはホルモンバランスの崩れを引き起こします。先述のとおり、女性ホルモンの分泌が減少すると、男性ホルモンが活性化してしまい、髪の成長に悪影響が及びます。
不規則な生活や睡眠不足も要注意です。寝ている間に分泌される成長ホルモンの働きによって、髪の毛や肌は成長・修復します。髪の成長の鍵は、成長ホルモンが活発になる22:00~2:00の睡眠です。規則正しく質の良い睡眠をとるよう心掛けましょう。

M字ハゲにはこんな要因も―

M字ハゲは、FAGA(女性男性型脱毛症)の症状の1つとご説明してきましたが、まれではあるものの、外的要因から起こる場合もあります。

たとえば、前髪を引っ張って縛るような髪型は、毛髪や頭皮に相当な負荷がかかっています。こういった髪型を長時間続けていると、抜け毛や薄毛が進み、生え際が後退してしまうのです。

また、髪をかきあげる癖のある方も要注意です。普段軽く髪をかきあげる程度なら支障はありませんが、一日に何度も何度も過剰に行なったり、シャンプー時など髪が濡れている状態で強くかきあげたりといったことが続くと、牽引性脱毛症により、生え際が薄くなってしまうというケースもあります。

M字ハゲの予防法・改善策

野菜や果物

では、M字ハゲの予防、改善に有効なケア方法についてご紹介したいと思います。

・栄養バランスの良い食事(タンパク質・亜鉛・ビタミン類)
・規則正しい生活
・シャンプー剤や髪の洗い方の見直し

まず重要なのが、栄養バランスの良い食事と規則正しい生活です。偏食をせず色々な食材をバランス良く摂りいれるというのがポイントですが、より発毛効果を高めたい方は、タンパク質や亜鉛、ビタミン類を意識して摂ると良いでしょう。髪の発育に良い影響を与えてくれます。また、ホルモンバランスを良好に保つためには、適度な運動や早寝早起きといった規則正しい生活も有効です。

また、シャンプー方法を見直すというのも1つの方法です。 M字ハゲの方によく見られる頭皮のべたつきは、過剰な皮脂分泌が原因となっているケースが多いです。過剰な皮脂分泌は、界面活性剤を含むシャンプーを使用することにより、必要な皮脂まで取ってしまうことで起こります。
そのため頭皮のべたつきが気になる方は、界面活性剤を含まないシャンプーの使用をおすすめします。また、シャンプー剤が頭皮に残らないよう、念入りにすすぎましょう。

生え際や薄毛にお悩みの方は

スーパースカルプ新宿南口店では、M字ハゲや生え際のお悩みについてのご相談もお受けしております。
薄毛対策のプロ発毛技能士が、カウンセリングを通し、栄養面や生活習慣についてアドバイス出来ればと思います。


また、初めてお越しいただくお客様に向けて、お試し発毛体験コースもございます。
特別価格6,000円(税別)にて、食事や生活習慣のアドバイスに加え、スーパースカルプ発毛療法(マイクロスコープ診断・頭皮マッサージ等)も実際に体験していただけます。

女性のお客様も、多くご来店いただいておりますので、 ヘッドスパ感覚でお気軽にご来店ください。

WEB予約・お問合せ