コーヒーの育毛効果って本当?カフェイン摂取のメリット、デメリット

コーヒーを飲む男性

こんにちは、スーパースカルプ発毛センター新宿南口店です。

今回は、コーヒーの育毛効果について徹底解説!

「コーヒーを飲むと髪が生える?」「カフェインを摂りすぎると髪に良くない?」そんなコーヒーにまつわる噂や、メリット・デメリット、育毛・発毛に効果的なコーヒーの飲み方ついて、詳しくご説明したいと思います!

結論!コーヒーには育毛効果がある?ない?

コーヒー

結論から申しますと、コーヒーには髪にとってメリット、デメリットの両方があります。

飲む時間帯や量をきちんと守れば育毛効果が十分期待できる一方で、過剰摂取してしまうと逆に薄毛を進行させてしまうというリスクもあるのです。

大切なのは、コーヒーが髪や頭皮に及ぼす影響や、コーヒーの正しい飲み方についてきちんと知っておくことです。

コーヒーに含まれる成分と髪への影響

下記は、コーヒー粉末10gを熱湯150mlで浸出したときの、100gあたりの成分表(一部抜粋)です。
※砂糖、ミルクは含みません。

カロリー:4kcal
水分:98.6g
たんぱく質:0.2g
脂質:微量
炭水化物:0.7g
カフェイン:0.06g
タンニン:0.25g

(参考)五訂増補日本食品標準成分表 し好飲料類より

この中でポイントとなるのは、やはりカフェインです。
ということで、コーヒーの特徴であるカフェインが持つ効果について、ご説明します。

カフェインが持つ作用

カフェインは様々な効果・作用を持っていますが、その中でもとくに髪に関わってくるのが、覚醒作用、利尿作用、血管収縮作用、ストレス緩和作用です。

眠気を解消するためにコーヒーを飲むという方も多いと思いますが、これはカフェインの摂取よって中枢神経が興奮すること(覚醒作用)を利用しているのです。

他にも利尿作用や、血管収縮作用など、カフェインは身体に直接的な影響を及ぼします。

また、仕事の合間や食後など、ほっとしたい時にコーヒーを飲むという方もいらっしゃると思いますが、これはカフェインのストレス緩和作用によるものです。


わたしたちの身体だけでなく精神にも働きかけるカフェイン。

そんなカフェインを多く含むコーヒーを摂取することで、育毛・発毛にどんなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

コーヒー摂取による育毛・発毛へのメリット

コーヒー豆

まずは、コーヒーを飲むことで髪や頭皮にどんな良い影響がもたらされるのかを見ていきましょう。
4つのメリットについてご説明します。

1.頭皮の血行・血流を促進

先ほど触れましたカフェインの血管収縮作用により、頭皮の血行・血流の改善が期待できます。

血管収縮と聞くと、血行・血流が悪くなりそうなイメージを持たれるかもしれませんが、血液は収縮した血管が再び拡張する時に勢いよく流れるため、結果的に血流の促進に繋がるのです。

頭皮の毛細血管は髪の成長に必要な栄養素や酸素を届ける役割を担っているので、血流を改善することで薄毛・抜け毛を防ぎ、ハリツヤのある健康な毛髪が育ちます。

2.活性酸素の働きを抑制

健康にとても良いとされるポリフェノール。赤ワインやブルーベリーなどに多く含まれていますが、近年はポリフェノール入りチョコレートなども販売されるなど、年々注目を集めている健康成分です。

そんなポリフェノールですが、実はコーヒーは赤ワインに次いで含有量が多いと言われているんです。
ポリフェノール(コーヒーポリフェノール)は、高い抗酸化作用により、活性酸素の働きを抑制させます。

抗酸化作用はアンチエイジング作用とも呼ばれてるため、コーヒーを摂取することで老化による髪への悪影響を抑えられるのです。

3.ジヒドロテストステロンの排出

カフェインを摂取すると、利尿作用によって尿の排出が促進されます。

男性ホルモンの一種であるテストステロンは、体内でジヒドロテストステロン(DHT)という成分に変化するのですが、このジヒドロテストステロン(DHT)が増えると男性型脱毛症(AGA)が進行してしまいます。

ジヒドロテストステロンは尿にも含まれているため、コーヒー摂取によって利尿作用が高まれば、より多くのジヒドロテストステロンを体外へ排出することができるというわけです。

4.リラックス効果

カフェインの持つストレス緩和作用によって、リラックス効果も期待できます。

ストレスは自律神経の乱れや血行不良など、薄毛・抜け毛の大きな原因となります。

コーヒーにこだわる必要はありませんが、自分がなるべくリラックスできる環境を整えることが、育毛・発毛への第一歩です。

コーヒー摂取による育毛・発毛へのデメリット

コーヒー豆とコーヒーカップ

続いて、コーヒーを飲むことで髪や頭皮にもたらされる悪影響についても見ていきましょう。
4つのデメリットをご紹介します。

睡眠不足

カフェインの覚醒作用により睡眠不足に陥ると、髪の成長が妨げられ、薄毛・抜け毛が進行してしまいます。

健康な髪を作り出すためには「成長ホルモン」が欠かせないのですが、睡眠時間が減ったり睡眠の質が落ちたりすることで、成長ホルモンの分泌が減ってしまい、髪の発育が滞ります。

カフェインの過剰摂取には注意しましょう。

亜鉛の吸収を妨げる

カフェインには特定の栄養素の吸収を阻んでしまう作用があります。

中でも育毛・発毛に大きく働くミネラル「亜鉛」の吸収率を低下させるという研究結果が明らかになっています。

育毛のために亜鉛サプリメント等を摂取している方はとくに、「コーヒーを飲むことで亜鉛の効果を阻害させてしまう」ということを覚えておきましょう。

身体を冷やす

カフェインの過剰摂取により身体を冷やしてしまうのも良くありません。

利尿作用によりトイレの回数が増えると、体温は下がりやすくなります。

先ほどもご説明しましたとおり、カフェインそのものには血流改善作用がありますが、身体を冷やしてしまうと毛細血管が縮んで血流が悪くなるというリスクも生じます。

育毛・発毛に効果的なコーヒーの飲み方

コーヒーを飲む男性

ということで、カフェインの作用やメリット、デメリットについて踏まえた上で、おすすめのコーヒーの飲み方をご紹介したいと思います。
正しい飲み方でコーヒーを摂取して、抜け毛・薄毛の進行を防ぎましょう。

1.アイスよりもホットで

氷がたっぷり入ったアイスコーヒーは、身体を一気に冷やします。

夏場はアイスコーヒー派の方が多いと思いますが、育毛・発毛のためには冷たい飲み物は飲み過ぎない方が無難です。

季節問わず、極力ホットコーヒーで飲むようにしましょう。

2.砂糖は使わない

砂糖を入れたコーヒーを飲むと、体内のビタミンやミネラルを消費してしまうため、髪を育てるための栄養分が減ってしまいます。

基本的には何も入れずに飲むのがおすすめですが、ブラックコーヒーでは飲みづらいという方は、砂糖の代わりに少量のミルクを入れて飲みましょう。

3.寝る前は避ける

睡眠の質を落とさないためにも、寝る前のカフェイン摂取は避けましょう。

カフェインの覚醒作用は持続力が強く、長い場合で8時間近く継続する場合もあります。
少なくとも夕方17時以降は飲まないようにしましょう。

4.1日4杯ぐらいまで

ここまでご説明しました通り、カフェインにはメリット・デメリットがあります。

過剰摂取によるリスクを考えて、1日2~4杯くらいまでに留めましょう。

コーヒーの育毛効果|まとめ

ということで今回は、コーヒーの育毛効果についてお届けしました。

コーヒーに多く含まれるカフェイン摂取のメリット・デメリット、正しいコーヒーの飲み方についてもご紹介しました。

スーパースカルプ発毛サロン新宿南口店では、髪の発育のプロ発毛技能士が、食事についてのアドバイスやレクチャーも行います。

また初めてお越しいただくお客様に向けて、お試し発毛体験コースもございます。

特別価格6,000円(税別)にて、薄毛の進行度合いのチェックに加え、スーパースカルプ発毛療法(マイクロスコープ診断・頭皮マッサージ等)も実際に体験していただけます。

ヘッドスパ感覚でお気軽にお越しください。

スーパースカルプ発毛センター新宿南口店

  • 〒160-0022
  • 東京都新宿区新宿2-4-2 カーサ御苑701
  • TEL.03-5341-4787
  • FAX.03-5341-4797
  • 営業時間:10:00~22:00(最終受付 20:00)
  • 定休日:日曜・祝日(※要相談)